11+9
0
    えらいことである。
    5月に見た芝居やライブの数が11本。
    普段は月5-6本ペースで年間6-70本になるわけだから
    このペースを更新していくとえらいことになる。
    その分映画が減ったのかな、と思ったらこちらも9本。
    月6-7本の平均をうわまわっている。
    もちろん、使ったオゼゼの額も群をぬいている。
    「乱鶯」みたいな高額なチケットが平均をひきあげてるってのもあるけど
    さすがにこれだけ見ればエンゲル係数ならぬ、エンゲキ係数半端ない。
    いや、もちろんもっとオゼゼを使ってる人がいるのは百も承知だけど
    こういうのは比率の問題だからねぇ。
    5月は第1週に出演舞台が終わったあと、稽古のない日々が続いて
    しばらくは遊んでてもいいか、と思ったのは確かだけど
    毎月、こんなことをしていたら確実に破産である。
    日頃から、チケット代と酒代は惜しまぬ、と豪語している私ですが
    自分の公演やお稽古がある期間は、スケジュールの問題で
    どれもこれもに行くわけにもいかず、自然とセーブできてたんでしょうね。
    時間があるということは、予算やら優先順位やらちゃんと自分で考えて
    セーブしていかねば、ってことですよねー。
    いや、当たり前のことなんだけど、これまでは切実に意識せずにすんできたようで。
    純粋な観客目線で言えば、
    「○は我慢したけど△は見に行けたし△が面白かったから満足」
    って考え方もできるんだけど、作り手目線で言えば、
    「○の作り手も△の作り手もそれぞれの作品に魂こめてるんだよ、選べないよー」
    と悶々としてしまう。
    と、同時にそういう状態の中からお客さんが「選んで」来てくれてることのありがたさもつのる。
    しかも、6.7月とあと2ヶ月はこういうヒマな状態が続きそうで
    どうやって暮らしていいのか戦々恐々である。
    もう本気で短期バイトでも探したほうがいいのかもしらん。


    こう考えると、映画にはいろいろありがたいシステムがあって
    私は定価の1800円で映画を観ることはほぼない。
    レディースデイやレイトショー、映画館ごとのポイントシステム。
    芝居は生身の人間がそこにいるからこそ、なので
    決して「価格が高い」とは言わないけれど
    これだけ芝居見てるんだからなんかメリットあってもいいじゃんよー、なんて
    ちょっとすねたくもなる。
    いや、そうじゃなくてもお金のない小劇団系の劇団にそんな負担を
    負わせたら自分で自分の首絞めるようなもんなんで
    そうは言いませんけどね。
    でも、所謂商業演劇にはもう少しそういう制度があってもいいかな、なんて。
    現実は、自分が正規の価格をだして買ったチケットでも、
    あとから招待券がでまわってるのを知る、なんてことも多々あるわけで。
    なんかお得意さんほど冷遇されてる理不尽を感じることもある。
    北九州芸術劇場のポイント制度にはすごく救われてるんだけどね。



    オゼゼがないと言いつつも、いや、だからこその水曜日は映画。
    | 立石 義江 | いつもの日々 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    50の遺影プロジェクト
    0
      50の遺影プロジェクト

      昨年私は50才になりました。
      普段は「年齢なんて毎年かわるもの覚えていられない」ということにしている私ですが、
      毎日のようにフェイスブックで同級生の誰かが50のお誕生日を迎えていくのを見ながら、
      この年齢を意識せずにはいられません。
      せっかくだから何か残るものを、
      と考えた自分へのプレゼントはプロに写真を撮ってもらうことでした。
      「遺影プロジェクト」と名づけたものの、正直、50代で自分が死んでいくイメージは全く持てません。
      それでも50才、60才、70才と節目節目の年齢で写真を残していくのは、
      ちょっと面白くてしかも実用的かな、なんて。
      で、プロであり、私にとっては冷泉荘つながりの友人でもある
      テトラグラフ写真室のドラちゃんと、
      ドネルモの一員でありメイクアップアーティストのみなみぶちょーの力を借りることを決めて。
      どんな写真を撮るかは、今回は改まった格好をして写る「遺影」ではなくて
      私の「身体」を残す写真にしたいと相談をして。

      誕生日のブログにも書いたけど、50を前にしての焦りはあった。
      日々、身体の衰えは、美容的にも健康的にも、芝居を続けていく上での機能的にも
      感じずにはいられない。
      その一方で、年齢相応以上の酷使に耐えて
      いつも丈夫でニコニコな自分の身体に対しての愛しさみたいなものもある。
      自分の身体に感謝、というと変だな、
      たぶん丈夫に産み育ててくれた親に感謝しなくちゃいけないんだろうけど、
      とにかく、私の突っ走る気持ちにえっちらおっちらついてきてくれる私の身体を記録しておこうかと。
      だって20代に戻ったところで、今よりはよかったとは言え、
      ボンキュッボンのナイスバディだったこともなければ、輝くような肌だったってわけでもない。
      学生時代の体育の成績にいたっては万年2しかもらったことはない。
      だったら今の私の身体を「お前のことを大好きだ」となだめすかして、
      仲良くやっていったほうがいいではないか。
      「どんだけ自分が好きなんだ?!」と笑わば笑え。
      しわもたるみもなんのその、私は今の自分の身体が好きだ!と胸を張って言ってやる。
      そんな写真を撮ってもらいました。



      さて、そうして迎えた50才のお正月。
      今年の目標は、これを撮影したときよりは、当社費○%ほど増えた体重を戻してキープすること。
      待っているだけでなく、自分からの一歩を踏み出すこと。
      まぁ、無理だったなら無理だったで、
      この遺影の写真に添えられる友人知人の言葉が、
      「あの人はいつも言うばかりでやるやる詐欺だったね」となるのも
      それもまた私らしくてご愛嬌とは思っている
      | 立石 義江 | いつもの日々 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      手帳のはなし
      0
        毎年だいたいこの時期、
        11月からが次の年の新しい手帳に切り替えの時期。
        使うタイプはさすがに決まってる。
        見開きで1週間。
        左側に1週間分の日付、予定の決まっているものはそこへ。
        右側はオープン。
        左に入りきれなかった詳細情報やこの週のどこかでやればいいこと。
        早めにチェックした芝居やチケット発売日の予定は鉛筆で。
        あきそうな時間帯の映画は事前に調べて付箋紙で貼って置く。

        ここまで使い方が決まっていたらたいがい買うメーカーも決まってる。
        のにかかわらず、どうしてこの季節、手帳売場に行くと
        くまなく見てまわってしまうんだろう。
        中身で勝負、といいながらルックスも気になる浮気者の私。
        だって、1年間毎日つきあう相手だもの。
        鞄から取り出すたびにときめくくらいのルックスじゃなければ
        飽きちゃうじゃない。
        正直、私が中身で気に入ってるメーカーの手帳は
        割とシンプル系のルックスが多い。
        シンプルできれいな色が一番飽きなくていいのよねー、
        と言いながらも今年もルックス的には後ろ髪ひかれる子が
        何人かいたのは確か。
        たまにはルックスから始める関係があってもいいかしら
        と思いながらもなかなか踏み切れない私は
        結局は浮気ができないタイプなのねー。

        | 立石 義江 | いつもの日々 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ブログのこと
        0
          なんと10月ももう終わろうとしているのに
          これが10月最初のブログアップ。
          確かに9月10月と舞台、落語、東京公演と
          なんだか怒涛のスケジュールだったけど
          そんなことは過去にも何度もあったわけで。
          やっぱり、ちょっと体力落ちちゃったかしら。
          てか、お酒が弱くなったのかしら。
          以前は飲みながらだらだら文章書くのは決して嫌いではなかったのに
          最近飲むと、「読む」のはいいけど「書く」のはちょっと億劫。
          Twitterは酔っ払いの繰り言にちょうどいいのか
          むしろ酔うとよくつぶやいたりするのだけれど。
          「大台に乗った」ことがこんなところで影響するのかしら
          とちょっと気弱になったりもする。

          でも、実は気弱になった原因は確かにあって。
          ブログの下書きやらなんやらが入ったUSBファイルが行方不明。
          もともとなくしもの、忘れ物の多い私のこと。
          鞄の中の思わぬところからでてきたりするのかな、
          探すのをやめた時見つかることもよくある話だし、
          としばらく忘れたふりしてほっておいたものの
          やっぱり出てこなくって。
          「個人情報」なんて大げさなものじゃない。
          ここ2-3年の映画・演劇の観劇記録とブログの下書き、
          落語の文字起こし原稿などなど。
          漏れて困ることもなければ、誰かが得することもない情報だけれど
          いつ、何の映画・芝居を見て、どれとどれは既にブログに書いたのか、
          の記録がなくなってしまったのはちぃと辛い。
          手帳をたどればある程度の記録は拾えるのだけれど
          ブログにはあげてなくても、
          観終わった後に一言感想を書き留めておいたりした下書きをなくし、
          なかなかゼロから書く気をなくしてしまっての
          この長いお休み期間。


          と、しばしのサボりの理由を書くだけでも
          これだけだらだらと文章を書いてしまう私は
          やっぱりブログは辞めないと思う。
          Twitterもあるし、Facebookもあるし
          もういいじゃん、と言われるかもしれないけれど
          たまに、でいいので覗いておくれ。
          思い出したように時々いく店のカウンター。
          常連の酔いちくれ客の繰り言を聞くように。

          | 立石 義江 | いつもの日々 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          わたしはあなたのおかげです
          0
            というわけで誕生日です。

            40代最後の芝居の本番から3日後に誕生日を迎え
            4日後には50代最初の本番として八女での落語会。
            昨日は月光亭落語会のお稽古でのサプライズ前夜祭で
            今日は11月に出演するZIGZAG BITEの稽古場で若き男子達に祝福されました。
            なんかここのとこ50だ、50だと騒いでいたから催促したみたいでごめんなさい。
            自分プレゼントにアテルイのチケットをコンビニで発券し、
            お友達からもらったチケットケースへ。
            サプライズ焼き鳥に、サプライズケーキ。
            ラブレターみたいなバースデイカード(笑)。
            嵐のようにたくさんの愛おしい人、もの、できごとに囲まれた誕生日。
            幸せなことだと思っています。



            生まれて半世紀。
            高校時代の友人たちとの合言葉は「折り返し地点」。
            大人になったからこそのやりたいこと、やれることを選んで
            あと50年やって行けたらほんとに素敵だなと、
            まだまだ世にはばかるつもりでおりますのでよろしくお願いします。

            この3年くらい、結構なハイペースで舞台やら落語やらやってきました。
            とにかくいただいたお話は断らない、
            スケジュール調整ができる限りは頑張る、とやってきたのは
            ある意味、この誕生日が来るのが怖かったからです。
            「もう50になってしまう。時間がない。」という焦りみたいなもの。
            でも、ちょっと無茶なくらいなこの時期を超えて
            「まだまだやれるぞ」な気持ちで誕生日を迎えることができました。
            幸い私の周りには、パワフルで魅力的な先輩方がいっぱい。
            その方たちがまた口をそろえて言うのです。
            「50代は楽しい」と。
            おかげでこれからの自分にまだまだワクワクできる。
            というか40代もとても楽しかったのに
            もっと楽しくていいのかしらね、私。
            たくさんのお祝いの言葉には少しづつお返事をいたしますが
            とりあえずこちらでのお礼を。
            大好きだったあの百貨店のコピーで
            「わたしはあなたのおかげです。」
            | 立石 義江 | いつもの日々 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あなたへ
            0
              あなたの映画を初めて見たのは
              月並みだけど「幸福の黄色いハンカチ」。
              だって当時で中学生くらいだもの
              それより前の任侠路線はさすがに知らなかったもの。
              なんかごつごつした人だと思った。
              無口、無骨、ごつごつ。

              あなたの母校だからあの高校に進んだわけではないけど
              やっぱり合格した時は嬉しかった。
              あなたの後輩と名乗れるようになったことが。
              高校生になって
              一人で映画館行くことを覚えた頃は
              「駅STATION」とか「居酒屋兆治」くらいの時代かな。
              黒崎の映画館で一人で見たな。
              今はあなたもいないけど
              黒崎の映画館ももうない。
              「あなたへ」を見たときに
              お帰りなさい、と思った。
              北九州の風景の中にあなたがいることを
              本当に誇らしく思った。
              それが遺作となってしまったことに
              なんともいえない思いがする。
              あなたにとってそこは「お帰り」と言われて
              うれしい故郷だったのかどうか。

              あなたの膨大な数の出演作を見ると
              私なんかがファンというにはおこがましい。
              それでも映画ファンの一人として
              役者のはしくれとして
              永遠に憧れの人。
              数々の伝説や、謙虚な発言。
              それが既成のイメージを壊さないための
              本当の伝説だったとしても
              それを守ることも含めて
              ’役者’という職業を貫いた人。
              本当にありがとうございました。
              ゆっくりとお休みください。



              | 立石 義江 | いつもの日々 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              しじゅうく
              0
                お誕生日でした。先週。
                あまり書きたくないですが
                隠すこともないですね。
                49才になりました。
                しじゅうく、しじゅう苦。
                なんかあまり縁起のいい数字ではありません。
                おまけに50という大台にリーチかけてます。
                でも、なんだかたくさんのお友達にメッセージなどをいただいて
                楽しくしじゅうくを迎えました。
                ほんとうにありがたい。

                ネットでのつながりなんて、とそのもろさを指摘する方もいるのでしょうが
                どちらかというと筆不精な私。
                ネットでつながらなければ再会できなかった友人や
                遠方にいてもつながり続けていられる友人。
                そんなメッセージのたくさん並ぶ幸せな誕生日だと思っております。
                おしゃべりもお酒も大好きな私は
                あー、この人ともまた会いたい
                また一緒に飲みたい、
                この友人達と毎日乾杯していたら、いつのまにか50才になるのかー
                なんてアホな妄想をしています。


                正直50という年齢を意識もします。
                少しは年齢を考えて節制しなさいとも言われます。
                特に今年はちょっと詰め込みすぎな舞台のスケジュールもあり
                自分でも体力や記憶力の衰えを感じないといえば嘘になります。
                でも今のうちにお尻をたたいていないとますます衰えていくような気もして。
                50前の悪あがきかもしれませんが
                今はまだまだ走っていようと思っております。
                ブレーキをかけるのはもう少し先でいいかなと。
                てか、きっと神様が教えてくれるでしょう、自分でブレーキかけなくても。

                というわけで
                舞台で、高座で、飲み屋で
                しじゅうくの日々も始終楽しく。
                どうぞよろしくお願いします。



                お誕生日にもらったカップ。似てるって言われたけど、どうですか?
                | 立石 義江 | いつもの日々 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                今までで一番
                0
                  彼女のことなら随分昔から知っている。
                  アート系の専門学校生でイラストレイターになりたいと言っていた。
                  サブカルが大好きで、芝居なんてマイナーな世界を
                  手伝いたいって言ってくれたのもそのせいだったのかな。
                  まだ18だったか19だったか。
                  ぴちぴちぷりぷりしていた彼女は
                  それはそれで愛らしくて「プリ」とか呼んでたな。

                  それからどんどん彼女が大人の女性になって
                  イラストレイターとしてのスタイルも確立していって
                  何よりもきれいになっていくのをずっと見てきた。

                  その彼女が間違いなく
                  私の知っている今まででの中で
                  一番きれいで一番とびきりの笑顔をしている。
                  1月に出会った人ともう結婚なんていうから
                  随分と電撃だなーと思ったけど
                  旦那様と会ってみたら
                  不思議なくらいおんなじ空気感を共有していて
                  ものすごく昔からこのカップルを知っているような不思議な気持ちになった。
                  空手の演武に私たちの4人落語、詩の朗読、弾き語りと
                  バラエティに富んだお祝いの演目。
                  二人のお人柄だなーなみんな笑顔、いいパーティーだったなー。



                  | 立石 義江 | いつもの日々 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  金魚かわいや かなしや金魚
                  0
                    全国で250万人を動員したという「アートアクアリウム」展。
                    九州初上陸という噂の展示。
                    いや、噂なのかな。
                    TVを見ないせいか全然知らなくて
                    友人のウォールから流れてくる情報が気になって博多駅まで。

                    アクアリウム、閉じられた美しい世界に
                    ひらひらと美しい金魚。
                    まさに額縁に閉じ込められた絵のような世界。
                    なぜか「わー、きれーい!」というふうに
                    テンションがあがらない。
                    なんか物憂げな気分になってしまうのは何だろう。
                    「金魚は観賞用につくられた人工の生き物」という
                    解説を見たときにすっと腑に落ちた。
                    生き物でありながら、
                    ただ愛でられるためにだけ“人の手でつくられた”。
                    生まれながらにどこか悲しい運命を背負ってるのね、金魚。
                    そのせいかしら、金魚みながら飲めるバーもあったけど
                    金魚見ながら飲む気にはなぜかならなかったなー。
                    ソメイヨシノだって人につくられたものなのに
                    お花見は大好きなのにこの違いは何だろうね。
                    でも「花魁」という巨大金魚鉢はすごい好きでした。



                    華やかで悲しい、まさに遊郭。
                    プロジェクトマッピングと組み合わせた作品は
                    日本の四季折々の風景の中を悠々と鯉が泳ぐ。
                    ポニョみたい、きれい、だけどちょっとシュール。

                    | 立石 義江 | いつもの日々 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    バトンタッチ
                    0
                      3月19日水曜。
                      3年間続いた「第三水曜ロードショー」、
                      現会場「ビルヂング64」での開催最後の日。
                      私がこの会に参加しだしたのはまだ1年くらいかな。
                      「プレゼンターの選んだ人生の一本」をみんなでみる。
                      場所はオフィスの一室。
                      ビールとお菓子、くつろいだ雰囲気。
                      プレゼンターのバトンが渡されていくように
                      館長のバトンが手渡され、新たな会場へと移って行きます。

                      旧館長の松山氏に心からの感謝と敬意を。
                      映画は映画館派、な私ですが
                      ここでゆるい空気の中で映画を観るの、
                      ほんとに好きでした。
                      懇親会という名の飲み会も含め
                      映画の話をたくさんできるあの場が
                      ほんとに好きでした。
                      建築にたずさわる氏が最後にご挨拶した通り
                      「ハコ」ではなく「場」を提供し続けてくれました。

                      もちろん第三水曜ロードショーは終わるわけではなくて
                      新たな会場で新たな「場」ができていきます。
                      もし、次にプレゼンターが回ってきたら何にしようかなー
                      なんてのも心ときめく。
                      新館長、どうぞよろしくお願いします。
                      ちなみに、松山氏プレゼンツの最後の上映は
                      「ルパン三世 カリオストロの城」。
                      公開当時は中学生だったかな。
                      もちろん宮崎駿の作品だとか知るわけもなく
                      単にTVアニメのルパンが好きで見てたよな。
                      大人になって改めて見てみると
                      「風」も「飛ぶ」も駿ちゃんエッセンスがたっぷりはいって
                      ルパンならではのハチャメチャなパワーもあふれてて
                      いい映画でした。

                      | 立石 義江 | いつもの日々 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |